行動力について考える。

世界の旅で知られる、兼高かおるさんが、お亡くなりになられたそうですね。

わたしが幼稚園児の頃、テレビに母親が出ているって思ってました。
ウチの母親が兼高かおるさんに似てましてね~、←若い頃ね

90歳ですか。
最近のお写真を見たらば・・ あら、やっぱり今も似てるかも。

上品な語り口調が好きでしたね。
そして、桁外れの行動力と好奇心。
ご冥福をお祈りいたします。

行動力と言えば・・
最近の自分には行動力が無いように感じています。

好奇心は旺盛な方だと思うのですが、もともと面倒臭がりなので、行動を起こすまでに時間がかかります。

そして、完璧主義(こだわる所とこだわらない所の差が大きい)で理想が高いので、何かを始めようとした時は、まずは頭で理解し失敗しない様にと万全の準備をしてから・・・と、始める前からイロイロと考えすぎて踏み出す事が出来ません。
そこで止まってしまいます。

「とりあえず、やってみる」という軽い気持ちで行動する事が出来ないのです。

20代、30代の頃は違ってました。
周りからも「行動力があるね~」って言われてましたし。

思いついた時、人に感化された時、啓発本を読んで奮起した時など即行動を起こしてましたので、周りから見たらば、やる事なす事「支離滅裂」だったと思います(笑)

んで、
思いついた思考のまま飛び付き、また次へ飛び付きと、結局は結果を出す事なくネクストを繰り返していました。

どちらがいいのか・・?

慎重に物事を考えてから行動する方が失敗と後悔は少なくて済むでしょうね。
しかし、それでは大きなチャンス、面白い出来事、未知数な自分に出会う事もなく、つまらない人生(人間)になってしまいそうです。

闇雲に飛びついて行動を起こすのはどうかと思いますが、ほどほどの行動力は持ち続けないといけないなぁ~と思う今日このごろです。