心療内科に予約を入れてみる

2018年12月30日

中高年の無職が長くなると、貯金の目減りや、将来の不安からメンタルがおかしくなるのは仕方がない。

しかもおひとり様で、この先どうしよう ・・・ と不安になるのは当然だ。
仕事が無い事への不安と、再就職が出来ても新しい環境でやって行けるのか、仕事のプレッシャーはどのくらいか、人間関係は とか 。

考え出したら、キリがないほど不安材料がいっぱい。
最近では、求人情報を検索しているだけで動悸がしてくる始末。

日中はまだ良いのだが、夕方からドーンと暗い気持ちになってしまう。
一番マズいのが、せっかく内定をもらっても、土壇場で怖気づいてしまって辞退してしまう事。

前職のネームバリューは相当なもので、そこでの仕事内容など話すと、必ずと言っていいほど「すごいですね !」と言われるし、その前の職歴もシステムのプログラミングなんかをやっていたので
職歴だけ見たら、すごく仕事が出来る人と思われるのかも。

実際はぜんぜん。 過去の産物。

再就職が現実化してくると、強い不安感が襲ってきて、足に力が入らなくなって手足が痺れたり震えたり、動悸も激しくなって、このままおかしくなってしまうんじゃないかと思う。
こんな発作に見舞われる。

前職でも何度かこんな事があって、心療内科に行こうかと思ったのだが、なんだか抵抗感があって、行くのをやめてしまった。思えばこの頃はまだ踏みとどまる余裕があったのかもしれない。

今回は、どうにもこうにもならなくなって、お薬で楽になるなら ・・・ これはもう普通じゃないから行かなきゃダメだと思うようになった。

心療内科へ何件か予約の電話を入れたのだが、どこも予約がとれない。
取れても1か月以上先。 女性専用の心療内科があり、そこへ受診したかったが、
そこでは新患は今は受付出来る状態ではないと断られた。今いる患者さんで予約が取れないんだと。

2か月近く先になってしまうが、割と評判のよさそうな心療内科に予約を入れた。
かなり先なので、とりあえず婦人科にも受診してみよう。