唯一社会との繋がり月いちバイト。

さっぶいです。
今日は1歩も外へ出ませんでした。
室内から小庭を覗くと、金木犀が見事に咲いていました。
2度目の開花です。

 

さて、

 

今日みたいに雨が降ったり曇っていたりで薄暗い日は、視力の低下を思い知ります。
年々、見えづらくなってきて老眼が進んでいるのかと思っていました。
ある雑誌の視力検査で片目をつぶって格子状の線を見たら、左目が歪んで見えて急いで眼科で検査を受けました。

黄斑変性だと思ったのですが、黄斑上膜(前膜)と診断されました。
40歳以上のおよそ20人に1人がなると言われているそうですよ。
特に50歳から70歳ぐらいの女性に多い傾向があるそうです。

んで、

とにかく線が歪んで見えてしまい、パソコンのエクセルの表や、印刷物の表が細かいと顕著に見えづらくなっちゃうんです。

月に1度のバイトは、細かい表の中にまたまた細かい数字がびっしり。
それらの数字を計算したり、原本と照らし合わせて間違いがあるかないかをチェックするのです。

老眼で見えないと思っていたのですが、左目の歪みで見えづらかったんですね。
左目をつぶって右目だけで見ると老眼鏡なしで、とてもよく見えるのです。
周りの同年代と比べてそんなに老眼が進むかな・・と疑問に思っていました。

黄斑上膜は治らないので、もっと進んで見えづらくなったら手術するしかないみたいでして。。
ネットなどで調べると手術しても回復が見込めない事もあるみたいです。

今の月いちバイトのような細かい罫線付きのデータを処理するのが大変になってきました。
先日、手元専用のメガネを作りましたがこの眼鏡を掛けても改善しないようならば、月いちバイトを辞めなきゃかな~って思っています。
膨大なデータを処理するので、午後になると普通の人でも目がショボショボしちゃって見えづらい。
わたしはここ数か月、正直、本当に見えなくて困っています。
何となく勘を頼りにやっつけているのですが、もう限界かも・

左目をつぶって右目だけで見ればわかるのですが、ずっと右目だけで仕事するワケにもいかず・・。

今のわたしが何とかメンタルを保っていられたのも、この月いちバイトがあったから。
たとえ月に1日とは言え、社会との繋がりがあるのです。
自分のスキルを確認する事が出来るのです。

今月のお仕事が近いのですが、うまくやれるのか不安しかありません。

求人情報を毎日チェックしていますが、何の仕事に就くにしても「見えづらい」はかなりのハンデになります。

中高年の目の見え方の変化は、仕事探しに重大な影響を与えますね。
そして見えづらい事で咄嗟の理解力・判断力にも影を落として自信喪失につながるのです。