ダメもとで育ててみよう。

バラの美しさに目覚めてしまい、散歩中もバラを植えているお宅に目が釘付けになってしまいます。

ウチの近所では2件、バラ好きな方がいて庭にイロイロな種類の大輪バラを植えています。

盛りは過ぎてしまいましたが、それはもう美しかったです。
挿し木で増やせるならば、剪定した枝を少しいただきたい(笑)

んで、

挿し木で増やせるだろうか・・とネットで調べたらやり方が書いてあったので、早速試してみる事にしました。

 

折れたブラスバンドの枝

これは、以前バラ園に行った時に購入した「ブラスバンド」というバラの折れた細枝です。

 

植え替えたブラスバンド

 

このひょろひょろの弱っちい新苗を植え替える時に新芽が折れてしまったのです。
購入する時に既に黄色っぽくて弱々しかったので、苗を選ぶ時に悩んだのですが。。

小さな蕾をつけていた細枝だったので、捨てるには忍びなく、水に入れて開花を待っていたのですが、結局は咲けずに首をもたげてしまいました。

購入してから4週間近く経っていますが、葉っぱだけ鑑賞していました。

この細っい枝を挿し木にしてみる事にします。

 

バラの挿し木の準備

 

まず、枝を2分割して5枚葉ひとつ、カットして3枚葉のものを用意しました。
植える直前まで、お水につけておきます。

 

小玉赤玉土

 

鹿沼土が無いので、小玉赤玉土を小さな鉢に入れて水で充分に湿らせます。
割り箸で4cmくらいの穴をあけて、その中へそっと挿し枝を刺しました。

 

バラの挿し木

水を受け皿に常に入れて乾燥を防ぐ・・・。

10日くらい経っても枯れたり黒くなったりしなければ大丈夫みたいなんですけど。。

これで根付いたら笑っちゃうよね~。

いや、奇跡が起きるかもしれないので、発根するのを祈りつつ毎日管理したいと思います。