スヌーピー時計のその後。

2019年1月2日

スヌーピー好きが高じて6月に買った雑誌の付録。

スヌーピーの時計ですが、チープな布ベルトが嫌だったので、革で作り直しました。

付録のスヌーピー時計
まず、ネジを外して、このチープな布ベルト、金具類も解体しました。

スヌーピー時計の解体
そして、簡単な型紙を作成し実際にクラフト紙で組み立ててみました。

クラフト紙で作った時計
フェイスがデカくてゴツいので表革と裏革をベタ貼りすると、のっぺりとした雰囲気で女性らしくありません。

なので、中心に芯を入れる事にしました。

革漉き機で革を漉き、その時に出たトコ革を芯としました。

高級革の時計バンド1
こんな感じ。
ちゃちゃっと完成しましたよ。
全て手縫いでございます。

【使用素材】
革:エルバマット ST・Venere(イタリア)
色:AGAVE

完成した時計バンド
カジュアルな雰囲気から少し大人っぽくなったでしょうかね??

ね?ね? ←うざい

金具(バックル)をそのまま使用したのですが、これが失敗でした!

雑誌の付録なので、コスト的な事もありバックルがいただけない・・・。

バックルに傷やバリが出ていて、布の時は気が付かなかったのですが革の銀面がこのバリのせいで傷がついて捲れてしまいました。。

まぁね・
予想はしていたのですよ。

バックルを新しく買ってそれも交換しようかと思ったのですが、わたしが普段、革の鞄等で使用しているバックルはお高いのですよ。

付録の時計にそこまで・・・とも思ったりしてね。

イタリアの高級革があっという間に傷ついて捲れてしまいましたわ。

自分用なのでいいけどね。

モノづくりは楽しいです。

頭を使います。

モノの厚みやら、素材が持つ特性を考えて、平面ではなく立体的に捉える事や表現力を身に付けないとね。

作っていて、いくつかの課題が残りましたが、まずはこれにて完成とします。