トイレットペーパーを品質重視に変えてみた。

*当ブログではアフィリエイト広告を利用しています*

寒の戻りで今週はちょっと寒いみたいですね。
朝イチの散歩の時も風が強いし冷たいしで、久々に耳が痛くなりました。

 

2021イブピアッチェの開花

 

イブピアッチェが開花しました。
近づくだけで芳醇な香りに包まれます。
ひとつの花でこれだけ香るのだから、まとまって咲き出したら・・と想像するだけでニマニマしてしまいます。
10個以上の蕾が付いているので、楽しみです。

ファーマーズマーケットで、きなこのお供え花を購入していますが、バラの花束の中にこのイブちゃんが3本くらい入ってるんですよね~。
ほんと、香水みたいにいい香りです。
売り物くらいに立派に咲いて欲しいものです。

 

さて、

 

数か月前からトイレットペーパーを替えたんですよ。
今まではコスパ重視で、再生紙のシングルタイプを使っていました。
使用している時はそんなに肌触りが悪い・・とか、あまり気にもしていませんでした。

んが、

ある時、何気に気分転換?したくて、トイレットペーパーを厚手で吸収力のある香り付きの素敵な絵柄の入ったトイレットペーパーを購入してしまいました。
いつものペーパーの2倍の金額・・とまではいかないけれど、わたし的には奮発したんですよね。
使ってみると、やはり肌触りが断然違う!
そして、今まではシングルなのでカラカラカラ~っと結構な長さを使用していました。
手にくるくる巻いちゃってね。

厚手の方は2ピッチ(切れる点線から点線まで)で充分に事足りるんです。
今まで、トイレットペーパーの消耗が激しくてすぐに無くなってしまっていたのですが、気持ち的に「大事に使おう」(笑)と思うのかも知れないけれど、なかなか減らないんですよ。

結果的に、トイレットペーパーを購入する頻度がかなり減ったんです。
トイレットペーパーは物によって使い心地が全然違いますねぇ。
もう元には戻れない・・・。

これからはトイレットペーパー選びは品質重視で行きたいと思います。