4Kのゴリ押し感

*当ブログではアフィリエイト広告を利用しています*

20230919のバラ
今日のバラ摘み。

 

もういい加減にして欲しいこの暑さ。
これから毎年こんな暑さが続くと思うと、生きていくのが辛くなっちゃうよ。

 

今日のお昼ご飯

20230919の昼食

ナシゴレン
スウィーツ&コーヒー

 

ナシゴレンを作りました。
わたしゃ天才か?と思うほど旨かったです。
目玉焼きが小さい(笑)・
半熟が好みですが、最近の鶏卵を信用していないので生卵はもちろん食べないし、しっかりと加熱しているので固めです。

 

さて、

 

本格的にテレビの購入を考えています。
リビングのエアコンを買い替えたばかりなのですが、次はテレビがダメになって様子見しています。

なるべくパソコンでTverを使ってドラマを見ています。
しかーし、、どうしても録画じゃないと見られない放送もある。

家電量販店でテレビの市場調査中です。
今は4Kテレビが主流で、4K以外のテレビとなると選択肢が少なくなっていますね。
店員さんも「今は4Kが主流です。」と4Kのゴリ押しです。
物色しているお客さんとの会話を聞いていると、「4Kって何が違うの?」と聞いている人が多いですね。

 

そんなに画像の美しさを追求する人が多いのでしょうか?
わたしは全く必要ない。
4Kが主流だと言ったって、地上波4K放送だってまだでしょ?
なんか怒りを覚えてしまうのです。

何故かと言うと・・。

今のウチのテレビ。
かつて3Dテレビが普及するという事で、真っ先に購入したの。
新しモノ好きのわたしは、3Dに飛びついてしまったのね。
この時も業界がゴリ押し。

Panasonicのビエラ&ディーガ、3Dメガネと大枚はたいて諸々一式揃えたのに蓋を開けてみれば3D放送番組は消え(もともと普及しなかった)何なのって感じです。

ハイビジョンからフルハイビジョン、からの~4K8K。
業界に踊らされているように感じます。

そして50型以上の大型テレビのゴリ押し。
みんなそんな大きなテレビを購入しているのだろうか?

ウチのテレビは42インチなんだけど、家電量販店のテレビコーナーへ行くとリビングの広さを言うと55インチ以上のテレビを勧められる。
そんなデカいテレビ、要らねーっつーの。
あの広い量販店のテレビコーナーで見ているだけでも目がチカチカ頭がクラクラしてくるのに、リビング用テレビではこの位の大きさは平均的な大きさだと。

長く使う家電の買い替えって、金額も大きいし先を考えれば考える程・・迷ってしまいます。