凡人のため息。

2019年1月2日

次に作る革小物のデザインを考えていますが、全く進みません。

自分は凡人、、いや、凡凡人なのでアイデアなど降ってくるワケもなく、けっきょくはネットや書籍、その他の情報を集めて真似をする所から始めるわけです。。

んで、

自分なりに調べて真似っこしたのですが、師匠からはダメ出しの嵐です。

昨日はけっこう落ち込んでしまいました。

このまま続けていても、わたしって伸びしろあるんだろうか??・とかね。

そもそも、「これを作りたい!こんな風なデザインのモノを作りたい!」という欲求がなかなか湧かないのです。

困ったことに・・。

課題作品を作成する時は、先生の素晴らしいデザイン、手法をそのまま素直に学ぶので出来上がった時は喜び、上手くいかなかった所があってもそれなりに達成感があり作っていても楽しいのですが。。

オリジナル作品になると、もう苦痛でしかありません。

これが、制作工程を誰に見せるでもなく、自分ひとりでコソっと作るならいいのです。

誰の目もなく、勝手気ままに自由に作るので。

失敗しようが、デザイン的に無理があって美しくないものが出来上がっても、我流でいいのだから。

師匠のダメ出しは、全て理にかなっていて勉強になる事ばかりなのですが、自分が用意した事がことごとく否定されるので精神的にかなり堪えます。

ダメ出しされても「いや、いいんです。わたしはこれでいきます!!」 と言えるような強い意志も無いのです。

とにかく色んな「一流」と呼ばれる物を沢山見たり、観察していかないとダメなんだよなぁ。。

モノがどのような形で、どのように作られているのか・・ 日々のそういう発見が大切なんだと思うんですけどね。

チコちゃんが「ボーっと生きてんじゃねえよ!。」って言ってますが、ホントそうなんですよぉぉ。

背伸びをしないで、自分の技術で作れるものを作っていくしかない。

気付けばもう日が暮れて・・・。

何となくすべてのことが停滞している感じです。