ペットがいると生活に張り合いが出る。

今日は汗ばむような陽気でした。
政府が屋外のマスクは近距離の会話以外は不要と発表したせいか、ウォーキングをしているとマスクをしていない人が増えたなぁ~と感じます。
わたしもマスクを片耳に引っ掛けて外して歩いています。
人とすれ違う時には一応するようにしています。

こんなに素敵な陽気の日には、空気の良い場所で思いっきり深呼吸をしたい衝動がムクムクと湧いてくるのです。
どこかに行きたいなぁ~・・と思うと同時に「きなこ」が逝ってしまってからのわたしは、生きる張り合いが無くなってしまったな・・と思うのでした。

ペットは癒しを与えてくれて、そして生活に張り合いをもたらしてくれる存在です。
「きなこ」と一緒だと遠出も苦にならなかったし、トリミング代や病院代を稼がなきゃと仕事も頑張れたよなー。
・・などと考えていたらば、「きなこ」と一緒に訪問活動で訪れていた山奥の介護施設の事を思い出しました。

セラピー犬として獣医師会の先生達と一緒に活動していた時に訪れていたあの山奥の施設。
久しぶりに一人で行ってみようかな?・・という気になりました。

「きなこ」の事を思い出しながら、かつて通った山奥の林道を走っていると「運転が苦手なわたしが、こんな所までよくひとりで運転してきたよなー。」と今更ながら感慨深い気持ちになりました。
「きなこ」が居てくれたから、行動できたんだよな。

見渡す限り山
広い川に沿った道路をひたすら走りました。
見渡す限りの山々。

介護施設を通り越して、山奥の小さな道の駅へ。
地元のおばあちゃんがお惣菜やお蕎麦を提供しています。

出来立ての味噌魔獣
出来立てのホッカホカの味噌饅頭をいただきました。

手作りこんにゃくも出来立てで持てないくらいに熱い。
お土産に買いました。
お刺身にしてわさび醤油で食べると美味しいよ~とおばあちゃん。
よもぎのこんにゃくとごまのこんにゃくを買いました。
珍しくないですか?

トイレに寄ると・・

燕の巣
天井に燕の巣が。
のどかですね~。

お昼には少し時間が早かったので駐車場に車を止めて河川敷へ下りたり、その辺を歩いて散策しました。

木苺
ドクダミの大群生の中に、木苺がチラホラ。
子供の頃に母方の実家の裏山で木苺を取ってよく食べたっけ。
実を割って中を確認しないと虫(ウジ虫みたいなやつ)がいるから気を付けろと、母に言われた事を思い出しました。

小一時間ほど散策して、

500円のそば
昼食に500円の田舎そばを食べました。
田舎の味なので、超・しょっぺー(笑)・
そばつゆの色はそんなに濃くないけど、塩っけがなかなかでした。

助手席に「きなこ」は居ないけれど、ココロの中の「きなこ」と一緒に懐かしい山道を走りました。
気持ちの良い風に吹かれ美味しい空気もいっぱい吸って、、、リフレッシュする時間が持てました!