いつの間にか「おざなり」になった食生活

*当ブログではアフィリエイト広告を利用しています*

今日も雨・・。
このところ、1日中カラっと晴れた日が無いような気がします。
晴れていても夜間に雨が降ったりして。
梅雨に入ったような陽気で、せっかく咲き出したバラ達が雨に打たれ、うな垂れています。

今日の小庭では

20220501のニコル
ニコルが咲き始めました。
昨年、癌腫にかかってしまい根っこのコブを大手術しました。
癌腫にかかると捨ててしまう方もいると思うのですが、わたしは可哀そうで出来ません。
バラを擬人化しちゃってるから。

でもね、コブを取り除いて植え替えたら、すごく元気になって今年は沢山の蕾を附けてくれました。

癌腫のコがここにも・・。

20220501のパパメイアン

パパメイアンが癌腫にかかってしまいました。
冬剪定後の植替えで気付きました。
これがひどい癌腫でして、びっくりする位の大きなコブがボッコボコに成長しちゃってます。
どうりで元気がないと思ってました。
実はそのまま放置しています。
なので、花付きも悪く成長が悪いです。
そんな中でも懸命に咲いてくれました。
本当に良い香りです。

 

さて、

 

少し前の記事に「フードスコア」というアプリのお話を書きましたが、わたしが食している全てと言ってよい食材に添加物が入っている事に気が付きました。

スーパーで購入したお惣菜やお弁当はもちろんのこと、調味料も・・。
毎日、多めの1膳のご飯を半分にして昼食、夜用におむすびにしているのですが、その時にふりかけを混ぜて握ります。
そのふりかけも添加物がてんこ盛りでした。

お惣菜は個人店のお惣菜屋さんで購入できれば添加物が少ないのかも知れませんね。
しかし、ウチの近所にはないのです。

先日、母親が「〇〇が←兄、健康オタクになっちゃって、あれはダメ、これはダメってうるさくて頭にきちゃうよ。」と嘆いていました。
毎日の食事作りが苦痛で仕方がないみたいです。
「だったら、自分達で作れっ。」って言ってやればいいのに。と母に言ったのですが、それも言えないみたいでして。。

母親が何でもやってあげちゃうから悪いんです。
それが当たり前になってしまってね。

話が逸れましたが・

わたしも急に添加物が気になり出して、加工食品を買うのをためらう様になりました。
いつの間にか、「ひとりだし、作るより出来合いのおかずを買った方が安上がりかな?」とコンビニでサンドイッチを買ったり、お弁当を買ったりして。。

ふりかけの代わりに、先日仙人叔母さんからもらった山椒の葉っぱを塩漬けにしてみました。

山椒の葉っぱ山椒の葉を何度も綺麗に洗って、葉っぱを1枚づつ丁寧にむしって熱湯で30秒くらい茹でました。
水に放してキッチンペーパーで水気を切って

水気を切った山椒の葉ビニール袋に入れて、塩をテキトーに入れてモミモミ。
山椒の葉の塩漬けの完成。

山椒の葉の塩漬け
これを暖かいご飯にちょっぴりとゴマを混ぜておむすびにします。

山椒の葉のおむすび仙人おばさんが焼いた器にのせて・・。

毎日の食事の見直しをしようかなーっと思っています。
全てを無添加生活には出来ないけれど、質素でも丁寧に手作りしたモノを食べる様にしよう。
それこそが最高の贅沢、豊かな食生活というものですね。

以前は1週間分の食事の献立を決めて調理していたけれど、最近はお腹が満たされればいいや・・的な感じになっていました。
改善したいと思います。