コバルトの季節の中で。と、初秋の頃。

だいぶ朝晩、涼しくなってきました。
今朝は5時半起床のハズが、2度寝をしてしまい1時間起床時間が遅れました。

起きてみてびっくらしました。
きなこのお供え花のおびただしい数の蕾が畳の上に落っこちていました。
そういえば、夜中にポロポロと音がしていました。

アンデスの乙女
一晩でこのありさま。
水揚げしないので既に咲いているお花も萎れていました。
もともと切り花には向かないんぢゃないの?
何でも売ればいいってもんじゃねーよ。

キアゲハその1

 

キアゲハその2
朝、庭で花がらつみをしていたらば、隣で蜜を吸っているキアゲハ。
突如、わたしの方へ飛んできて、止まりそうになったので奇声を上げつつイスからひっくり返ってしまいました。
パンツ丸見え。

まったく・・こえーよ!

テントウムシも大繁殖して、気持ち悪い。。
どーも、西洋あさがおに「コナカイガラムシ」が発生していて、それを捕食しているみたいです。

庭いじりをしていると、いろんな虫と遭遇します。

さて、

 

普段から寝る時はラジオをつけっぱなしにしています。
「深夜便」を聞いています。
昨日は夢うつつで、ジュリーの「コバルトの季節の中で」が流れていました。
この曲、大好きなんですよ。

小学生の時、学校内で「沢田研二ファンクラブ」を作っていて(笑)、わたしがリーダーでした。部員?は5人くらいいたかな。
昼休みに体育器具室のマットの上で手作りマイクでジュリーの歌を振り付けしながら歌う・・という。。

なので、今でもジュリーの曲はそらで歌えるのじゃ。

作詞の小谷夏さんて、実は演出家の久世光彦さんなんですよね。
作曲はジュリーですね。
今聞いても素敵な曲だなぁ~。

詞も心に響きます。
ちょっと涼しくなって、誰もが「物悲しい、人恋しい」こんな季節にピッタリね。

既に明日の仕事が嫌で憂鬱な気分がモリモリです。
せっかくの休日でも次の日が仕事だと台無しです。。

そうそう、、、涼しくなってきたので通勤時のバスをやめて自転車で行こうかなぁ~って思ってたんです。
交通費丸儲け・・的な悪事をはたらこうかと(笑)。
したらば、同じ事をした人がいたらしく朝礼で周知があり厳重注意されました。
このタイミングで。
悪事が未遂で済みました。
最後までしっかりバスで通います。。