ドラマのはなし。仮面ペットロスかも

さすがに今日の朝は寒かった!!

エアコンなしで過ごしていたらば、体調が悪くなってしまいました。
喉が痛いし、お腹の調子が・・。
電気毛布は暖かいのですが、電気毛布に覆われていない肩から上が寒くてね。

夕方になって更に寒くなってきたので、ここは瘦せ我慢せずにエアコンを入れました。

今朝、ウォーキングの途中で寄った父のお墓。
お供えの水がカチンコチンに凍っていましたよ。

凍ったお供え水
凍ったお供え花

お供え花もこの通り。
引き抜くのに苦労しました。

お寺の水場のつららつらら~

 

ニット帽を被って歩いていますが、今日はそれでも痛いくらいに寒い。
恥ずかしかったけれど、ダウンのフードをニット帽の上から被って歩きました。

凍るような冷たい風が吹く中をたっぷり1時間歩きました。
我ながらよくやるよ。

ウォーキング中に何度も作業中と書かれたデカい作業車が走っていて、道路のあちこちに凍結防止剤が撒かれていました。

凍結防止剤
道路は凍結していないけど、、、気合が入ってますな・

 

さて、

 

冬ドラマがだいたい出揃いましたね。

ドラマ好きなので、いちお、気に入ったのを書いてみますね。

イチ推しは安藤サクラさん主演の『ブラッシュアップライフ』ですかね。
バカリさんの脚本は本当に面白い。
架空OL日記も面白かったですが、今回はそれ以上です。

あとは『リエゾン-こどものこころ診療所-』もなかなか良かった。
子供の発達障害など、自分は子供を産んだことも育てたこともないのですが見ていたら涙がボロボロ流れて・・。
「発達障害」と呼ばれる子供が増え続けているらしいけれど、今までこのようなドラマはあまり見たことがないので新鮮でした。

そして櫻井翔くん主演の『大病院占拠』。
あまり期待していなかったのですが、なかなか大掛かりな作り。
「24 -TWENTY FOUR-」を彷彿とさせるドラマですね。

 

娯楽枠としては、『警視庁アウトサイダー』『Get Ready!』『忍者に結婚は難しい』

恋愛胸キュン枠は『100万回言えばよかった』ですかね?
井上真央ちゃんが好きなので久しぶりのドラマで嬉しいですね。

曲者(わたしが勝手にそう思っている)が『夕暮れに、手をつなぐ』と『星降る夜に』ですよ~(笑)・

北川悦吏子氏の脚本の夕暮れに・・ですが、毎度のことながらクセが強すぎますよね。
令和版のロンバケと騒がれていますが、そもそもロンバケが苦手なわたし。
あの主人公のガサツさや非常識な感じがどーもねぇ。
広瀬すずちゃんなので見ていられるけれど、他の女優さんでは厳しかったかも。

真剣に見ないで、ざーっと流して見ています。

そしてもうひとつが『星降る夜に』。
大石静氏の脚本。
第1回目の初対面でのあのキスはどうよ?
あれ必要だったのかしら?
年の差が10歳?でしたっけ?
1話では違和感がありましたが、2話を見たらば自然に見られるようになりました。

脇のキャストがいいですよね。
これは回を追うごとに、面白くなっていくのではないでしょうか。

そして最後に、今日のblogのお題にした「仮面ペットロスなのかも・・」と思ってしまったドラマが『すきすきワンワン!』でっす。

元飼い犬が人間に生まれ変わるという設定なのですが、犬を飼った事がある人、愛犬を亡くした経験がある人はきっと涙したのではないかしらん?
悲しいドラマではないのに、何故だろう・・悲しい場面でもないのにわたしったらバカみたいに号泣してんの(笑)・
温かくていい脚本だなーって思ったらば、脚本は水橋文美江氏でした!

わたしが一番好きなドラマ『ホタルノヒカリ』もホンワカとしたドラマですよね。

すきすきワンワン!で号泣って、、、わたしって実は仮面ペットロスなのかも知れませんわ・

と、以上、2023年冬ドラマの感想でした。

ドラマの事を書くと長くなっちゃうわぁ~。
長文失礼しました!