ぼっち飯は可哀そうなのか?

10月も後半に入り、何となく慌ただしい毎日を送っています。

仕事面では現在、「何でも屋さん」になっていて、頭の切り替えを上手にしないと大変です。
固定席が無くなり、その分身軽になった感じでいろいろな部署から仕事を頼まれます。
決して難しい仕事ではなく、簡単な仕事ばかりなのですが、それでもそれなりに覚える事があるので頭がこんがらがってしまう事もしばしば。。

粛々と言われた事だけこなしています。

今までもお昼休みは自分の席でひとりで昼食を取っていたのですが、固定席が無くなってしまったので作業スペースで「ぼっち飯」を食らっています。

自分の固定席での「ぼっち飯」と、作業スペースでの「ぼっち飯」・・・。
どちらもひとりでランチを取る事に変わりはないのですが、周りから見ると「可哀そう」と思われているみたいです。

固定席を持たない人は週2日の主婦パートの方と、今回次の更新をしなかったわたしを含めて5名なのですが皆さん外食派なんですよね~。

わたしは節約もそうだけど、まだまだコロナが怖いので外食する気になれなくてオフィス内で食べています。

作業スペースでぽつねんとご飯を食べていると、「ひとりですか?他の方達は?」と必ず誰かしらに聞かれます。
「皆さん、外食みたいですよ。」と答えると、「ひとりじゃ淋しいですね~。」と。

「いや、別にさびしくねーし・・。」と心の中で思うものの、そんなにハタから見ると可哀そうな感じなのかしらん?とちょっと気になってしまいます。
固定席の時は何も言われなかったんですけどね。。

自分的には、ぼっち飯の方が人に気を使わなくていいし、スマホ見ながらご飯食べて、歯磨きして・・と自分のペースで時間配分できますが、お外で一緒にご飯を食べに行ったらば、オフィスに帰ってくるのもギリギリで歯磨きも出来ないです。

行き帰りの時間を含めて、1時間以内にアセアセしながらお金を払ってランチをするのも気忙し過ぎるんだよね。。

頻繁に「ぼっち飯」を指摘されるので、なんだかなぁ~って感じです。

ご飯を食べ終わって歯磨きも終えて休憩していると、だれかしらが横に来ておしゃべりに来るので、ずっとひとり・・というワケじゃないんだけどなぁ。

あっ、もしかして、「可哀そう」だと思って皆さん来てくれるのかしら?(笑)。

ひとりでご飯食べて何が悪いんだよぅ。
公園にでも行って「ぼっち飯」しようかな・・・。