努力するのを止めたらそれで終わり。

初めて開花したパパメイアン
大事に育てている「パパメイアン」が開花しました。
ダマスク香が大変強い強香品種で濃厚な香りで知られていて、世界のバラの殿堂入りを果たした黒バラです。

とても気難しいバラです。
現在も振り回されております。
確かに素晴らしい香りですね。
ベルベットのような光沢と黒紅の深い色合いが何とも素敵です。
蕾から開花までの時間が長かったですが、1日くらいで開き切ってしまうのでお花を長く楽しめない。。

 

さて、

新型コロナの影響で、2月の後半から革のお教室をお休みしています。
電車で行かなければならないのと、自分の中では「不要不急の外出になる」と思ったからです。
個人宅での習い事ですが、少人数とは言え自粛した方がいいと自分で判断しました。
ご高齢のご家族もいらっしゃいますから。
こんな風にお休みしているのはわたし位? みたいでして、先生が発信しているお教室の風景などを見ると、他の生徒さんの上達振りが目に見えて何とも言えない焦燥感にかられます。

他人と比較などするべきではないのですが、わたしときたら、お休みしているのを良いことに最近では全く革と向き合っていないのです。
オリジナル作品の構想も止まったまま。
革にも触れてもいない・・・。

日を追うごとに上達している他の生徒さんと自分を比べてしまい劣等感です。

師が生み出す素晴らしい作品を目にして、あんな風に作れたら・・と憧れ尊敬します。
努力する事を止めてしまったらそこまでなのですが、なんだろうなぁ~、楽しくないのです。
やればやるほど泣きたいような気持になるし、他の生徒さんみたく楽しんで出来ない。
楽しむどころか辛くなってくる。
理想とするモノが作れない、いやこれじゃない、こんなんじゃダメ・・と自分を追い込んでしまいます。

たかだか趣味程度に留まっている習い事。
何をそんなに真剣に考えているんだと我ながら呆れてしまうのですが、こういった感情は仕事面でもよくありますね。

自分よりも仕事が早い人、デキる人がいると「なんて自分はダメなんだろう・・・。」と落ち込んでしまいます。
そこから更なる努力をするので、仕事面では報われる事も多々ありますが、感性的なセンスに関わる事は努力だけではね・・・。

このまま自己満足感を得られずにいると、作ることを辞めてしまうかもです。。。