「在職老齢年金の廃止検討」記事を読み違えている人多すぎ!!

ヤフーニュースで「在宅老齢年金(制度)の廃止検討」のコメント欄を読んでいると、読み違えているというか、内容を正確に理解していない人のコメントが凄く多いです。

 

それだけ年金について解っていない人が多い・・という事なんでしょうね。

60~64歳は賃金(ボーナス含む)と年金の合計額が月28万円、65歳以上は月47万円を超えると年金支給額が減らされています。

なので、年金を貰いながら、働いている人は減額されない様に調整して働いている人が多いと思います。

それは高齢者の就労意欲をそいでいるとの指摘があるので、それを廃止して「年金を貰いながら働いていても年金を減らす事なく全額支給しますよ」って事だと思うのですが、どーも、コメントを見ていると、なんか働いていると年金がもらえなくなると勘違いしている人が多い様な???

この制度の廃止で更に増える年金支払額の財源をどうするつもりなんでしょうかね。
結局はみんなの負担が更に増えそうです。

 

わたしが長年勤めた会社では、60歳再雇用のじいさん達が大勢いました。
年金が減らされるからと、時短や週4日勤務で出勤していましたが、仕事なんかしていませんでしたよ。

家にいても暇だからとただ会社に来て1日中パソコンでネット見て。
わたしのいた部署は技術職だったのですが、改定された事案や、新しい事を覚えなければならなかったけれど、この人達は自分達には関係ない・・と全く参加せず。

結局、表向きは「年金が減らされるから」とゆるゆる働いているけれど、この人達にとっては定年後の暇つぶし程度に会社に来て、年金減らされない額のギリギリの賃金貰って・・と、もともと就労意欲なんか無い人達だと思いますよ。

そりゃあ、こーゆー人達ばかりではなく、バリバリと働いて社会にも会社にも必要とされている高齢者の方達は沢山いると思いますけどね。

 

あの老害たちがフルタイム勤務になって、仕事したとしてもミスだらけ・・。
その尻ぬぐいを周りがやらされて。
なのに年金満額貰って、さらに多くの賃金を貰うなんてね!!
まぁ、この様な人達を野放しにしている会社が悪いんだろうけど。

実際に大手企業では、こーゆー存在っているんですよ。

この人達の事は置いといて、自分がもしも対象者だったら、やはり一生懸命働いて、その対価として給料をもらっているのに、働いたら年金が減額される・・ではやり切れないですね。

でも、廃止となったら、今まで減額されてきた人達が気の毒。。
年金については、立場立場でいろんな思いがありますね~。

今更ながら、個人年金をススメてくれた保険のおばちゃんに感謝しています。
27年前に加入した「お宝年金」です。