経済力の無いおひとり様がペットを飼うという事。

仕事が終わってから自転車で、きなこが入院している動物病院へ毎日面会へ行っている。

結構な距離なのと ずっと続いている心労で既にバテ気味。

しかし 今日は嬉しい報告が出来る。

明日、きなこの退院が決まった。

心配をして下さった方々にお礼申し上げます。
きっと見えないパワーがきなこの命を助けたのではないかなと。 感謝・感謝です。

本当は来週の月曜か火曜日 ・・・ と言われたのだが、そうすると平日の真っ只中。

退院してきても、誰もきなこを見てくれる人がいない。 お留守番になってしまう。

とても 一匹だけで置いておく事は出来ないので、 なんとか来週の金曜日まで入院させて貰えないかと先生にお願いしたが、
即、却下!  きなこの入院も今日で16日目だ。 さらに来週いっぱい入院なんて、きなこが限界だろうと言われてしまった。。

母親からは、「自分の1日の稼ぎと、病院の入院費を比べてみなさい。」  「ずっと続けられる仕事ではなし、臨時の派遣の仕事なんだから、休めばいい。」

と色々言われたが、 やはり仕事をこれ以上休むワケにはいかない。

これは自分の弱さという事は承知している。 自分がもっと強ければ、誰になんと言われようが、派遣元や派遣先に迷惑をかけようが知ったこっちゃねーっとなるのだがね。

まぁ、そんなワケで、懸念は残るものの、退院が前倒しになり、明日になった。

土日はわたしが付きっきりで見れるし、月曜日は実家の家業が休みなので母が1日見てくれると言ってくれた。

土日月と3日間は目が届くので何とかなるのではないかと。

しかし・・ やっと今日、静脈の点滴が取れた。 フードは数日前からカレースプーンに1杯を2回与えて様子を見ていて、
昨日あたりから少しずつ増量しているらしい。

血液検査の結果から、血糖値がかなり高い。

膵臓が損傷された事によりインシュリンが分泌できなくなり糖尿病に発展した可能性がある。

インシュリンの注射を食後の朝、晩と飼い主がしなければならなくなるかもしれない。

これは今、考えても仕方がない事なので、とりあえずは きなこの命が助かっただけでも良しとするしかないのだ。

考えても仕方がない ・・・ とはいえ、そうなるとこれから先のきなこの治療費、膵炎を患った為フードも療養食(低脂肪)に切り替えなければならないしで、どれだけの金額が毎月かかるのか。 恐ろしい。

おひとり様がペットを飼うのは大変だと今回の事でつくづく思い知った。

以前ならそこそこの経済力があったので金銭面では大丈夫だったが、今は定職にも就いていない。自分が食べていくのが精いっぱいの生活なのに、まさかここへ来てきなこが病気になるなんて。

働かなければ収入がなくなるし、働けば何かあった時に充分な対応が出来なくなる。
ひとりは辛いのぉ。

明日は、今までかかった入院費、治療費、療養食の清算だ。
ざっと大まかな概算で25万くらいと言っていた。

ひとりは辛いのぉ。