日雇い派遣に片足を突っ込む。

2019年1月1日

明日から新しい仕事が始まる。

またまた短期の1か月ちょっとのお仕事。

実は この仕事は 以前働いていた時に同じ派遣社員のコから教えてもらったお仕事。

毎年発生する仕事で 彼女も去年お世話になったと。 時給もそこそこだし良かったからと紹介してくれた。

紹介された派遣会社なんだけど いわゆる 日雇い派遣を主としている派遣会社でかなり不安だったのだが、彼女曰く、
「お給料もちゃんと振り込まれたし、派遣先企業はしっかりしているので大丈夫ですよ。」と。

そして登録会へ。

繁華街の雑居ビルの中に入っていて それだけで 怪しげなんですけどぉ 。。

登録会へ行くと わたしの他にもう一人の女性がいた。 わたしより年上の方で 仕立の良いスーツを着ていて ショートカットのこざっぱりした方だった。

少し話しただけで しっかりとした企業でお勤めされていたのだろうなぁ との印象を受けた。

登録と言っても スキルチェックがあるワケでもなく 自分のスキルを記入する事もなく ただ履歴書と給与振り込みの口座を書いただけで 今回のお仕事だが 即 採用となってしまった。

その後 その方と 「ちょっとお茶でもしましょうか。」 との流れになり そのまま喫茶店へ。 ←死語

お話ししてみたら やっぱり 某有名銀行を今年定年退職したとの事。 そしてわたしと同じくおひとり様だと。

数年前に ご両親も亡くなって そのまま実家でひとり暮らしをしているそうな。

退職金と年金で余裕のある生活をしているそうだが お話しを聞いていると、やはり社会と繋がっていたいみたいな感じだった。

「この派遣会社は大丈夫でしょうかね?」 とわたし。

「登録会の時にチラッと営業の人だと思うけど見えたんですけどね 茶髪のチャラ男でしたよ。」 と その方。

「1か月の短期だし、お給料さえしっかり振り込まれれば ・・・ ねえ。」 と お互い言い合って別れた。

登録会を終えた直後から スマホに 飲食系 販売系 工場ライン系 製造系の求人情報がバンバン受信されること!されること!

最初 勝手が解らず ちょっと面食らう事も。

必要な情報は全て メールでケータイに送られてくる。 そして派遣会社のサイトへ自分のID&PWで入って、仕事内容の詳細だったり 当日の持ち物等 自らが必要な情報を掴みにいかなければならないみたい。

自分が知っている今までの派遣会社だと 仕事開始の数日前には 担当者から電話が入って 当日の注意事項や再度の意思確認をしっかり取るという手筈になるのだが 今回は全く連絡が来ない。 不安になって金曜日に派遣会社に連絡を入れたのだが 担当者不在。

電話に出たのは 電話応対もままならないチャラ男くんで(話っぷりが) 「15分前に現場へ直接行ってもらえば大丈夫。」みたいな事を言われた。

現場へ直接行けって?? 普通は1階とかで待ち合わし合流してから就業部署へ行くんじゃないの?

かなり不安。 今回の仕事は事務職だが 就業までの流れ的なシステムは 日雇いバイトと同じなんだよね。

自分の働ける日をサイトに登録しておいて気に入った仕事があったら ポチっと予約する。 メールが来て当日現場へ直行 ・・
とゆー流れ?

短期とは言え、自分がこういった働き方システムに身を置くことになり、「これも社会勉強だ。」と思う様にしても 正直落ちぶれた感は否めないな。

なすときゅうりの糠漬け

↑ 2回目のぬか漬け。 実家の裏の農家さんからいただいた きゅうりとナス。

食べてみたら

超 しょっぺー。

今回はあら塩スリスリしなかったのになぁ。。

仕事

Posted by ロズエル